CHECK

新築からリフォームまで!工務店をうまく活用したい人の参考になる情報まとめ

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てたいと考えてている人の中で地元の工務店を活用したい、このように考える人に参考になる情報をご紹介しています。
新築はもちろん、将来的なリフォームにも積極的に対応してくれる会社を選択したいとなったときなどハウスメーカーに対する優位性や住まいの修繕を依頼したときのフローなど事前に把握ができていれば後々安心に繋がるのではないでしょうか。
完成すれば終わりではない、これは家づくりの基本になるものなのでアフターフォローがしっかりしているところを選ぶことが大切です。

新築からリフォームまで!工務店をうまく活用したい人の参考になる情報まとめ

注文住宅の依頼先と聞くとハウスメーカーをイメージする人は多いけれども、フルオーダー方式の注文住宅の場合は規格住宅をメインにしているハウスメーカーより工務店の方が良いといわれています。
この場合、工務店に絞り込みして依頼先を決めることになるわけですが、家づくりは新築すれば終わりではなく完成した後のアフターフォローも重要ですし、ライフスタイルの変化などでリフォームが必要になったときも同じ工務店にお願いできると安心ではないではないでしょうか。

工務店が引き受けている一般的な依頼とは

ほとんどの地元工務店は木造軸組工法で家を建てています。
それは木工作業のプロということでもありますから、住宅の建設やリフォーム以外の木に関する依頼を引き受けることもあります。
まずもっとも多いのは木工作業そのものです。
子供の木製玩具を修理したり、まな板の削り直しをしたりするなどです。
そこで顧客とコミュニケーションを取って、本業につなげたいという狙いもあるでしょう。
実際のところ熟練の大工は器用に木を扱いますから、さまざまな依頼に対応することができます。
各種木工作業を引き受けます、と看板に書いている工務店ありますから、困ったときは声をかけるといいでしょう。
期間限定がほとんどですが、木工教室を開いていることもあります。
用意した木と道具を使って、日曜品や玩具をつくるのです。
夏休みであれば子供の自由研究として工作を出すことができます。
道具の使い方をわからないと怪我をすることもありますが、プロが教えてくれるなら安心です。

工務店の契約を結ぶ前に確認すべき事柄

工務店というと、家の修繕などの小さい作業しか行わない、と考えている人もいますが実のところそうではありません。
実際には大きな家や、有名な建造物を建てている工務店もおおく存在しますし、工務店だからこそ行える強みや得意分野もあります。
それで、工務店に快適な家を建ててもらいたいと思う人もたくさんおられます。
その際に契約を結ぶことが大切ですが、契約を結ぶ前にはどんなことを確認することができるのでしょうか?たくさんありますが、例えば工期や内容・発生する費用・注意事項や特記事項、トラブルが発生した場合の対処方法についてなどです。
また、メンテナンスやアフターサービスの有無についても記載されていることがありますので、よく読むことが大切です。
内容が難しくて理解できない、専門用語で書かれているためにさっぱりわからないという場合には、適当にサインしてしまうのではなく専門用語等に詳しい人の助けを得るようにしましょう。

工務店が建築する一般的なスケジュール

工務店と呼ばれる会社の多くは木造軸組工法を採用しています。
コンクリートの基礎を打ち、そこに木材の骨組みをつくって家にしていくのです。
建設する場所や家の規模によりますが、全体の工期は半年ほどになることが多いです。
スケジュールの最初は準備です。
基礎を打つ前に砂利を敷いたり、地面を固めたりします。
それから捨てコンクリートを打って、一定の時間が経ったら基礎のコンクリートを打ちます。
コンクリートは水和反応で固まりますから、養生をして待つ必要があります。
基礎の準備ができたら土台敷きと呼ばれる工程です。
基礎の上に木が設置されますが、遠目にはあまり変化を感じません。
次のスケジュールは建て方です。
柱や梁などを一気に組み上げて、家の骨組みを完成させます。
他の工務店から助っ人が駆けつけて、家の形にします。
大工仕事の花形と呼ばれることも多いです。
そこからは外装や内装、電気工事などです。
短くとも3ヵ月ほどの時間をかけて人が住めるようにしていきます。

工務店との打ち合わせで相談すべき項目

工務店との打ち合わせで相談すべき項目において一番大きな課題となるのが「資金」についてです。
住宅を建築する際にかかるおおよその価格に加えて、現金での支払いが無理な場合には、住宅ローンを組む必要があるのでどこの銀行に借りるのかを話し合わなければなりません。
また、「間取り」や「外観」に関しても事前にどんなものがよいかをイメージしておくとよいでしょう。
ライフスタイルの変化によって住む人の数にも変化があることを予想して、余裕のある家づくりがおすすめです。
さらには、浴室やキッチン、トイレといった水回りの設備、壁紙や電気のコンセントの位置や数などといった内装に関することも工務店と相談すべき必須項目になります。
できるだけ、こうした相談事をスムーズに進めるためにも、夫婦や家族の間で「理想の家」に対してよく話し合いをしておく必要があります。
疑問に思う点については、いくつかメモをしておいて工務店との打ち合わせの際に確認しておくとよいでしょう。

工務店に関する情報サイト
工務店の上手な使い方

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てたいと考えてている人の中で地元の工務店を活用したい、このように考える人に参考になる情報をご紹介しています。
新築はもちろん、将来的なリフォームにも積極的に対応してくれる会社を選択したいとなったときなどハウスメーカーに対する優位性や住まいの修繕を依頼したときのフローなど事前に把握ができていれば後々安心に繋がるのではないでしょうか。
完成すれば終わりではない、これは家づくりの基本になるものなのでアフターフォローがしっかりしているところを選ぶことが大切です。

Search